プロポーズ前にチェック! 身嗜み5つのポイント〜洋服編〜

一生の思い出に残るプロポーズの日、
「いつも通りの洋服でいいの?」、「どんな洋服がいいの?」そんなお悩みのあなた。

その思い出がより思い出深いものになる様に、
TPOにあった洋服を選び、自信を持ってプロポーズできる様にしましょう。

男性が意外と見落としやすい「女性目線で気になる5つのNGポイント」をお伝えします。
いつもより身嗜みを厳し目にチェックしましょう。あなたは大丈夫ですか?

#目次
POINT1.洋服のサイズはジャストサイズに
POINT2.肌着にも配慮を
POINT3.プロポーズ用に、思い切って新調してみるのもあり!
POINT4.柄物は上級者向き
POINT5.ショルダーバッグ・ウエストポーチは控えて

 


POINT1.洋服のサイズはジャストサイズに

短すぎるパンツの裾や、オーバーサイズのシャツはだらしなく見えてしまいがち。
あなたの体形にあったサイズの洋服を着ることで、より一層男らしく見えるため、プロポーズ姿もキマること間違いなし。

ジャストサイズとは?
さっそくチェックしてみましょう!

☑袖の長さ:手の甲が全部出る長さ
☑肩幅・身幅:肩と袖の縫い合わせを指でつまめる位
☑着丈:お尻が完全に隠れないくらいの長さ
☑パンツの裾:裾の前部分が靴に当たり、わずかにたわむくらい長さ(ハーフクッション)
 
 
POINT2.肌着にも配慮を

スーツ姿でキメていても、首元からチラッと肌着が見えたり、シャツが透けたりすることに気づいていない男性は意外と多いものです。
下着のチラ見えはかっこよさが半減するので、外出前に鏡の前で細部までチェックしましょう!
シャツの色より薄い色や、ベージュなど肌色に近い色で、首元が深く開いたシャツを選ぶと安心です。
 
 
POINT3.プロポーズ用に、思い切って新調してみるのもあり!

プロポーズの時に、あなたがくたくたの服を着ていたら、お相手様は「この人に付いていこう」とは思いません。
逆に不安になるのではないでしょうか?
着古した服しか持っていない、そんなあなたは、この日のために新調することも検討してみては?
頑張ったあなたの変化にお相手様は気づいてくれるはず。
 
 
POINT4.柄物は上級者向き

シンプルな印象のコーディネートにスマートさを感じるのが女性の感性。
落ち着いた配色の洋服や、無地、すっきりしたストライプ柄が好印象を与えます。
チェック柄や派手柄で個性を出したい男性も、この時ばかりはお相手様からの羨望のまなざしを優先させて。
 
 
POINT5.ショルダーバッグ・ウエストポーチは控えて

スーツやジャケットを着用する場合、ショルダーバッグやリュックサックを背負うと形崩れしてしまうので、基本的に避けた方が良いでしょう。
これらのバッグは、両手が空くのでとても楽ですが、お洒落の目線からするとNGでもあります。
ちなみに、ウエストポーチは流行外れなので論外です。

おすすめは、セカンドバッグやクラッチバッグなど。
色は落ち着いたモノトーンカラーで洋服とコーディネートしてみましょう。
サプライズで大き目のプレゼントを忍ばせたい男性はトートバッグが◎
 
 



 
《まとめ》
プロポーズ時に気をつけたいスタイリングのポイントは、「他人軸」で選ぶこと。
ご自身の好みが反映された「自分軸」のファッションは、いつも通りで楽かもしれません。

特別な日だからこそ、相手への思いやりを持って、「お相手様軸」でコーディネートしてみてください。
頑張ったあなたの行動と思いやりに、お相手様は一生あなたについていきたいと思うはずです。

そして、そんなあなたからのプロポーズの言葉に、笑顔で「YES!」と言ってくれるでしょう。

 
 


●併せて読みたい関連記事●
第二弾はこちら
プロポーズ前にチェックしたい、身嗜み5つのポイント第二弾~洋服編~
 

ITEM

プロポーズアイテム

花束花束
プリザーブドフラワープリザーブドフラワー
婚約指輪・結婚指輪婚約指輪・結婚指輪
バルーンバルーン
簡単!自分で作れる 動画ギフト簡単!自分で作れる 動画ギフト
愛し合うカップルのためのお酒愛し合うカップルのためのお酒
スタイリングスタイリング