プロポーズ演出 ロケーション

プロポーズのときの服装とは?女性への伝え方まで徹底解説

「プロポーズのとき、どんな服を着ればよいかわからない」
「ドレスコードのあるお店に連れていきたいけど、どう伝えればよいか知りたい」

プロポーズのとき、男性を悩ませるもののひとつに“服装”があります。
自分の服装はもちろん、相手にもプロポーズだとばれないように服装の指示をするのは難しいですよね。
そこで本記事では、プロポーズでおすすめの服装と相手への伝え方をご紹介します。

 

プロポーズでおすすめの服装は?

プロポーズは一世一代の行事。
だからこそ、どんな服装をすればよいか迷っている方も多いのではないでしょうか。
実は、ゼクシィの調査結果によると、50%以上のカップルが、お互い普段着でプロポーズをしていることがわかりました。
この結果から、自宅などでリラックスした雰囲気の中プロポーズをするなら、わざわざかっちりとした服装にする必要はないといえます。

しかし、プロポーズプランをあらかじめ決めており、高級レストランなどに連れて行くつもりなら、服装にもこだわるべきでしょう。
また、こだわった服装からは、相手に真剣さが伝わります。

高級レストランではスーツ着用が必須?

プロポーズのシチュエーションでよくある高級レストラン。
高級レストランでは、スーツ着用が必須なのでしょうか?
確かに、高級レストランでは、フォーマルな恰好をすることが一般的です。
ドレスコード着用が決められているレストランもあります。

ドレスコードが必須条件として決められているわけではないレストランでは、ラフな格好で利用する人も増えてきているため、必ずしもスーツ着用が必須という訳ではありません。
しかし、当日周りにフォーマルな恰好をした人が多いと、浮いたように感じる可能性があります。
自分はよくても、相手が周りを気にしてしまうかもしれないため、事前にレストランの雰囲気や利用者の服装を下調べしておきましょう。

シチュエーション別プロポーズでおすすめの服装

How to プロポーズ|オーダーメイドサポートプラン

ここからは、プロポーズのシチュエーション別におすすめの服装をご紹介します。

自宅や公園

自宅や公園など、リラックスした雰囲気でプロポーズをしようと考えているなら、固すぎないカジュアルな服装がおすすめです。
しかし、普段着をそのまま着るのではなく、少し気を遣うようにしましょう。例えば、以前彼女が好きとだいってくれた洋服や彼女からプレゼントでもらった洋服を着てみてはいかがでしょうか。
ほかにも、Tシャツの上にカーディガンを一枚羽織るなど、少しだけいつもと違う雰囲気を意識するとよいでしょう。

夜景スポットやドライブ

夜景スポットやドライブなど、相手を誘い出してプロポーズをする場合は、少しフォーマルな格好を意識するのがおすすめです。普段の洋服にジャケットを着用するなど、高級レストランよりも肩肘張らない服装を意識するとよいでしょう。
きちんとした服装で相手をエスコートすることで、よりロマンティックな雰囲気を演出できます。

高級ホテルやレストラン

高級ホテルやレストランなどでは、先述の通りドレスコードがある可能性が高いため、スーツやタキシードなどの正装がおすすめです。
スーツを選ぶ際は完全な仕事用のものではなく、ネクタイやシャツなどで明るめのカラーを取り入れるなど、オシャレな着こなしを意識しましょう。
ネクタイピンやポケットチーフなどの小物を取り入れるのもおすすめです。

清潔感も大切

プロポーズの場所ごとに適した格好をするのも大切ですが、どこでプロポーズするにしても、清潔感のある服装は大切です。
洋服のシワや汚れを取っておく、ひげは丁寧に剃るなど、相手に不快感を与えないようにしましょう。髪の毛のセットから靴に至るまで、いつもより時間をかけて準備をすることをおすすめします。

女性にはどうやって服装のことを伝える?

ドレスコードのあるレストランに相手を連れて行くとき、女性にどうやって服装の指定を伝えるか迷っている方も多いのではないでしょうか。
ここでは、プロポーズをする際の女性の服装について、伝え方やおすすめのアイディアをご紹介します。

相手にまったく伝えないのはNG

どこでプロポーズをするにしても、相手に服装のことを何も伝えないのはNGです。
ゼクシィの調査結果でも、服装がふさわしくなかったことや相手と服装が揃っていないことを残念がる女性の意見は多く見られます。

「せっかくのプロポーズだったのに、普段着を着て行ってしまったので、後悔しています。」
「自宅プロポーズだったので、パジャマとすっぴんだったのが失敗でした。」
「高級レストランにカジュアルな服装で行ってしまい、恥ずかしい思いをしました。」

自分だけよい格好をしていても、相手の支度が調っていなければ、プロポーズの満足度は下がってしまいます。
たとえサプライズのプロポーズであっても、相手にまったく服装のことを伝えないのはよくないと心得ておきましょう。

行き先だけ相手に伝える

相手になるべく悟られないように服装の指定をするには、行き先を伝えるのがおすすめです。
例えば、「雰囲気のいいレストランを予約できたからオシャレして行こう」「〇〇へ夜景を見に行こう」「海へドライブに行こう」などプロポーズとは言わずに、行き先だけを伝えましょう。
また行き先だけでなく、場所に合った服装を相手に促せるとさらにGOOD。
緊張しすぎず、自然に伝えるのがポイントです。

当日着替えをするのも◎

行き先だけ相手に伝えても、察しのよい方であれば、「もしかしたらプロポーズされるかも?」と気づかれてしまう可能性もあります。
完全なサプライズでプロポーズをしたいなら、当日、相手に適切な服装へ着替えてもらうのもひとつの手です。
当日ドレスを買うのもよいですが、急にドレスを買うのは大変なので、レンタルサービスを利用するのがおすすめです。

レンタル衣装で当日素敵なドレスをコーディネート

プロポーズ当日にドレスなどの洋服をレンタルしたいなら、How to プロポーズのレンタル衣装プランがおすすめです。
こちらのレンタル衣装プランでは、ドレスをレンタルできるのはもちろん、プロのスタイリストがコーディネートも行います。

プロポーズ当日に利用するなら、ドレスも髪もセットできるゴールドプランの利用がおすすめ。
本サイト(How to プロポーズ)からのお申込みでお得に利用できるので、ぜひ活用してみてください。

 

プラン名 内容 金額 所要時間
シルバープラン ドレス・小物一式 18,000円⇒16,500円 約1時間
ゴールドプラン ドレス・小物一式・ヘアセット 20,000円⇒19,800円 約1時間半

※ドレスはプラン規定の中からお選びいただけます
※小物一式には、アクセサリーや靴、バッグなどが含まれます

上記のようなレンタルプランを利用する際は、あえてレストランなどに行こうと思っていることを言わず、いつも通りのラフな格好や動きやすい服装で来てもらうのがおすすめ。
先にレストランに行くことを伝えてしまうと、女性が最初からオシャレをしてきてしまう可能性があるため、注意しましょう。

プランの詳細やご予約はHow to プロポーズまでお問合せください。

まとめ

プロポーズは一生の思い出になる出来事です。
自分も相手も最適な格好でのプロポーズとなるよう、洋服の準備や相手へそれとなく伝えることを意識しましょう。
完全にサプライズとしてプロポーズ内容を隠しておきたいなら、当日にドレスをレンタルでき、プロがコーディネートしてくれるHow to プロポーズのレンタル衣装プランがおすすめです。

またHow to プロポーズでは、プロポーズコンシェルジュがプロポーズのトータルサポートを行っています。
プロポーズに不安がある方は、ぜひ一度コンシェルジュまでご相談ください。