エンゲージフォト

前撮りとは?相場や流れ、いつ予約すべきかを徹底解説!

結婚式を前に控えたカップルに訪れるイベントに、「前撮り」があります。
しかし、「前撮りでは何をするんだろう」「前撮りはした方がいいの?」と疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、前撮りの概要や相場、流れをご紹介します。
これから前撮りを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

 

前撮りとは?

前撮りとは、結婚式よりも前に行う撮影のことをいいます。
結婚式で着るようなウェディングドレスとタキシード、和装などの衣装を着て写真を撮影します。

「結婚式で写真を撮るから、前撮りはいらないのではないか」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、結婚式当日は大変忙しく、後になってあまりいい写真が撮れなかったということになりかねません。
そのため、先に前撮りをしておくことをおすすめします。
実際にゼクシィの調査結果でも、結婚関連のイベントでやればよかったと後悔していることのNo.1には、前撮りが挙げられています。

前撮りはなぜ行う?

先に説明した通り、前撮りを行う理由は、結婚式以外でゆっくりと写真を撮るためです。
しかし、そのほかにも前撮りを行うメリットがあります。

まず、いろいろな衣装を着て写真を撮れることです。特に女性の場合は、せっかくの結婚式ならいろいろなドレスを着て写真を撮りたいと考えるのではないでしょうか。
結婚式でのお色直しは多くても2回程度とされており、着たいと思っていたドレスをすべて着ることはできないかもしれません。
しかし前撮りなら、ドレスを変えていろいろな写真を撮っておけます。

また、前撮りで撮影した写真は、結婚式のアイテムとして使うこともできます。
招待状やウェルカムボードなどに、二人の写真を使ってみるのはいかがでしょうか。

前撮りの費用相場はどのくらい?

では、前撮りの費用はどれくらいかかるのでしょうか。
一般的には、15万円ほどが相場だといわれています。

どんなものに費用がかかるかというと、まず撮影をしてくれるカメラマンの料金があります。
次に場所代です。
スタジオの場合はもちろん、外で行うロケーション撮影でも、場所によっては貸切料金などが発生する場合があります。

そして衣装代です。
女性ものでいえば、ウェディングドレスや白無垢、カラードレスなど、結婚式用の衣装はさまざま。
気に入った複数の衣装で写真を撮っておきましょう。
衣装に合わせ、ヘアメイクの変更も必要なため、ヘアメイク代もかかります。

また、撮影をした後のデータ納品代も必要です。
これらの合計でだいたい15万円ほど、多いと50万円ほどが必要になります。

前撮り費用に関する注意点

前撮りの費用において、依頼する業者によってプランに入っている場合とそうでない場合があり、注意すべきものがあります。

・着付け代
・小物代
・撮影枚数による追加費用
・持ち込み費用
・その他オプション費用

上記のような費用は、別料金になりがちなので、あらかじめよく確認しておきましょう。

前撮りのために決めておくべきこととは

前撮りをする前には、「いつ」「どこで」「何を着て」「誰に」を決めておく必要があります。
ここでは、それぞれの決め方をご紹介します。

いつ

前撮りの日付は、カップルによってさまざまで、必ずしも結婚式の前にしなければならないという訳ではありません。
結婚式前で忙しいときは、結婚式が終わった後にゆっくりと撮影するのも◎
また、記念日に合わせて撮影したり、希望する季節に合わせて撮ったりと自由に選ぶことができます。
おすすめの季節は春と秋。
春なら桜と一緒に、秋なら紅葉と一緒に写真が撮れるので、より映える写真が撮れます。

どこで

結婚式の式場やチャペル、神社などのメジャースポットはもちろん、ふたりの思い出の場所など、どこで撮影したいかを決めます。
最近ではリゾート地に行って青い海、白い砂浜などの絶景で写真を撮るというカップルも増えています。

何を着て

どんな服装で撮影したいかを決めましょう。
先に説明した通り、前撮りでは結婚式当日では着られなかったドレスや着物を着るのもおすすめです。
また併せて、どんなポーズで写真を撮るか、ポージングも検討しておきましょう。

誰に

前撮りを行うカメラマンはたくさんいるので、写真の雰囲気や親しみやすさなど、希望のカメラマンや業者を探しておきましょう。
周囲に前撮りをした夫婦がいるなら、おすすめのカメラマンを聞いてみるのもひとつの手です。

前撮り当日の流れとかかる時間は?

では、前撮り当日はどのようなスケジュールで進んでいくのでしょうか。
一般的な前撮りの流れと所要時間をご説明します。

スタジオ入り

あらかじめ決めておいたスタジオに向かいます。
スタジオ入り時点では私服でOK。
まずは当日の流れを改めて確認します。

身支度

ヘアメイクと着付けを行い、身支度を整えます。
何着か衣装を変えて撮影をする場合は、その度に身支度の時間がかかります。
だいたい30分~1時間程度です。

撮影

撮影時間か撮影枚数で区切りながら撮影を行います。
ロケーション撮影がある場合は、車やタクシーなどで移動して撮影を行います。
ひとつの衣装につき、30分~1時間程度が目安です。
撮影全体では、3時間~5時間ほどの時間がかかります。

写真選び

撮影が終了した後は、写真選びを行います。
モニターで確認しながら、気に入るカットを複数枚選び、明るさなどの調節を行ったうえで、後日データ納品されます。
写真選びはだいたい30分~1時間程度で終了します。

上記の流れをすべて行うと、だいたい4時間~6時間程度の時間を要します。
前撮りの日はなるべく1日スケジュールを空けておき、余裕を持って撮影に臨めるとよいでしょう。

前撮りをするならいつまでに予約が必要?

前撮りをするにあたって、まずはスタジオの予約が必要です。
では、予約はどれくらい前に取っておくべきなのでしょうか。

まず、どのスタジオで写真を撮るかの検討から始まり、実際の打ち合わせや契約も考えると、遅くても2~3カ月前には予約をしておくのがよいといえます。
一般的には、スタジオ選びに1ヶ月、打ち合わせや下見、準備に1ヶ月をかける夫婦が多いようです。
ただし、人気なスタジオやスポットでの前撮りを検討しているなら、半年前ほどから予約が必要な場合もあるため、注意してください。

前撮りは何回でもできる!

前撮りは、一発本番ではありません。
一度の前撮りで満足できなければ、複数回に渡って写真を撮影し、気に入る写真が撮れるまでとことん追求することも可能です。また、1日ですべての写真を撮影するのは大変なため、あらかじめドレスでの撮影日と和装での撮影日を分けておくということもできます。

せっかくの前撮りなら、思い切り楽しんで撮影をし、満足いく写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

前撮りは、結婚式での思い残しがないように、あえて写真だけを撮影するものです。
結婚式では着られなかったドレスやタキシードを着たり、和装に挑戦してみたり、リゾート地で開放的な写真を撮ってみたりと、前撮りだからこそできることがたくさんあります。
ふたりの思い出をしっかりと残すためにも、ぜひ前撮りを行ってみてはいかがでしょうか。

また、前撮りの前に最高のプロポーズで相手に気持ちを伝えたいなら、ぜひHow toプロポーズまでご相談ください。
How toプロポーズでは、プロのコンシェルジュがプロポーズの計画から当日の流れまでトータルサポートを行っています。