婚約指輪・結婚指輪

今人気のプロポーズネックレスって?おすすめの理由と選び方を紹介

「プロポーズでは指輪以外のものを渡したい」
「プロポーズでネックレスを渡すのはアリ?」

プロポーズをするにあたって、相手にプレゼントを渡そうと考えている方は多いことでしょう。
実は最近、プロポーズでネックレスを渡すのが人気なことをご存じでしょうか?
本記事では、プロポーズネックレスが人気な理由や選び方をご紹介します。
プロポーズでのプレゼントに迷っている方は、必見です。

 

今人気のプロポーズネックレスとは?

プロポーズといえば、指輪を渡しながら「結婚してください」と伝えるのがよくあるシチュエーション。
しかし、「指輪は一緒に選びたい」「相手の指輪のサイズがわからない」「金銭的に今すぐ指輪をプレゼントするのは難しい」といった理由で、プロポーズに指輪ではないプレゼントを贈るケースも最近増えてきています。
特にネックレスは大注目のプレゼントで、ゼクシィの調査結果によると、婚約指輪や花束、プロポーズリングに続いて、贈られることの多いプレゼントなんです。

なぜプロポーズでネックレスが人気?

では、なぜプロポーズネックレスが人気を集めているのでしょうか?
その理由は、下記の4つが挙げられます。

指のサイズがわからなくても渡せる

指輪を購入するときは、相手の指輪のサイズをチェックしなければなりません。
女性なら6~9号あたりのサイズであることが多いですが、万が一間違ったサイズを選んでしまうと、当日指輪を指にはめたときに、ぶかぶかだったり、入らなかったりしてがっかりされてしまう可能性も。
相手に直接聞くのも、プロポーズの計画が伝わってしまいかねないので避けたいところです。
しかしネックレスなら、基本的にサイズ表記はないため、安心して購入できます。

身に着けてもらいやすい

せっかくプロポーズで指輪を渡しても、相手に指輪を付ける習慣がない場合や職業上指輪を付けられない場合、身に着けてもらえない可能性があります。
しかし、ネックレスなら服で隠れるので毎日付けやすいというメリットがあります。
後述しますが、錆びにくい種類のネックレスを選べば、お風呂や寝るときでも付けていられるため、いちいち外さなくてもよいというメリットも。
また結婚指輪は別途渡そうと考えている場合でも、指輪とネックレスを両方付けてもらえます。

低価格から選べる

ネックレスは、婚約指輪と比べて相場が安いのも人気の理由のひとつです。
婚約指輪の相場は約30万円~が一般的ですが、ネックレスなら5万円程度から選べます。
そのため、今は金銭的に難しい方や、これから別途指輪を渡そうとしている方におすすめです。
婚約指輪と比べて金額を安く抑えられた分、花束を一緒に渡すのもよいかもしれません。

花束はプロポーズにおすすめな12本のバラで約1万円です。
詳細はこちらからご確認ください。

指輪はふたりで選べる

「相手が気に入る指輪のデザインがわからない」「せっかくだから相手の意見も聞いてから選びたい」と考えているなら、婚約指輪はふたりで選べるように指輪は残しておき、先にネックレスを渡してみてはいかがでしょうか。
「婚約指輪はふたりで選びたい」と考えている女性も多いため、かえってプロポーズに指輪を渡さない方が喜ばれるかもしれません。

プロポーズネックレスの相場

では、プロポーズではいくらくらいのネックレスを渡すのがよいのでしょうか。
ここではシチュエーション別におすすめのプロポーズネックレスの相場をご紹介します。

ネックレスと別に婚約指輪を渡す場合

婚約指輪も別の日に渡そうと考えているなら、高すぎない5万円程度のネックレスを選ぶのがおすすめです。
普段のファッションに合うような、シンプルなデザインのものの方が喜ばれるでしょう。
小ぶりなダイヤが付いたものが◎です。

ネックレスを婚約指輪の代わりにする場合

相手が普段から指輪をしないなどの関係で、ネックレス自体を婚約指輪の代わりにするケースでは、婚約指輪の相場と同じ、30万円程度のネックレスを渡すとよいでしょう。
0.1ct以上のダイヤがついたものであれば、値段相応で相手にも喜んでもらえるはずです。

プロポーズネックレスの選び方

女性向けのネックレスはさまざまなものがあり、どうやって選べばよいか迷ってしまうかもしれません。
そこでここでは、押さえておきたいネックレスの選び方をご紹介します。

王道は一粒ダイヤ

普段使いしやすい王道のネックレスは、一粒のダイヤが付いたデザインのものです。
また、使いやすいゴールドもおすすめです。
特に、ゴールドが75%配合された「18K」などと表記のあるネックレスは、錆びづらく、お風呂でも付けていられます。

また、女性の肌が「イエベ」か「ブルベ」かによって、金色が似合うか銀色が似合うかが異なります。
イエベとは、生まれ持った肌の色が黄味がかっている肌のこと、ブルベとは、生まれ持った肌の色が青味がかっている肌のことを差します。
一般に、イエベには金色のアクセサリー、ブルベには銀色のアクセサリーが似合うとされています。
さりげなく相手にどちらの肌タイプなのか聞いてみたり、普段相手が身に着けているアクセサリーが金色なのか銀色なのかをチェックしておくとよいでしょう。

人気ブランドから

ネックレスはいろいろなブランドで購入できるため、普段から相手が好んで使っているブランドのものから選ぶのもおすすめです。
ブランドごとにデザインなども異なるため、まずは相手が好きなブランドやデザインを、日常的な会話から把握してみましょう。

ネックレスの渡し方

では、プロポーズをするときには、どうやってネックレスを渡すのが正解なのでしょうか?
ここでは、おすすめのネックレスの渡し方をご紹介します。

箱パカをして後ろから付けて

多くの女性がプロポーズで憧れている演出のひとつに、「箱パカ」があります。女性の前で跪き、ネックレスの入った箱をパカッと開けて、ネックレスを見せ、プロポーズの言葉を伝えましょう。
そのあとは、女性の後ろに回り、首元にネックレスを付けてあげると喜ばれること間違いなし。
女性がすぐにネックレスを付けている自分の姿を確認できるよう、鏡を用意しておくのもよいかもしれません。

渡すときはひとこと添えて

もし相手が「プロポーズには指輪を渡す」というイメージを持っていた場合、ネックレスを差し出されたときに、「なぜ指輪ではなくネックレスなの?」と疑問を持つ可能性もあります。
もしかすると、「本当は指輪が欲しかったのに」と相手を残念がらせてしまうかもしれません。
そうならないためにも、「指輪は一緒に選びたいから、あえて今日はネックレスを渡すよ」「職場でも毎日付けて欲しいから、ネックレスにしたんだ」など、ネックレスを選んだ理由を女性に伝えましょう。
理由がわかれば、相手も納得してくれるはずです。

まとめ

プロポーズでは、必ずしも指輪を渡さなければならない訳ではありません。
相手の好みや性格を考えたうえで、ネックレスの方が喜んでもらえそうだと思ったら、ネックレスを渡してみてはいかがでしょうか。

「プロポーズで渡すプレゼントは決まったけど、肝心のプランが考えられていない」という方は、プロにプロポーズプランを相談するのもおすすめです。
How to プロポーズでは、これまでの6万件以上のプロポーズサポートの実績から、最適なプランの設計や各種手配をサポートいたします。
プロポーズでお悩みの方は、ぜひご相談ください。