プロポーズ

ダイヤモンドのみでプロポーズ!相場とメリットを紹介

「プロポーズには指輪を贈りたいけど、彼女の指のサイズがわからない」
「ダイヤモンドだけでもプロポーズができると聞いたけど、喜んでもらえるか不安」

ダイヤモンドは、プロポーズで贈る指輪の代わりになることをご存じでしょうか。
本記事では、プロポーズでダイヤモンドが注目されている理由やプロポーズで贈るダイヤモンドの選び方をご紹介します。

 

ダイヤモンドでプロポーズとは

プロポーズのプレゼントといえば、指輪や花束などを贈るイメージが強いのではないでしょうか。
しかし最近ではその代わりとして、ダイヤモンドのみを渡すケースも増えてきています。
ダイヤモンドだけのプレゼントはサプライズに向いており、新しいプロポーズの形として注目されているのです。

ダイヤモンドのみでプロポーズをするメリット

では、プロポーズでダイヤモンドを渡すのには、どのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、ダイヤモンドを渡す主な3つのメリットをご紹介します。

好みやサイズがわからなくてもプロポーズできる

プロポーズで指輪を渡すなら、まず相手の指輪のサイズを押さえておかなければなりません。
しかし、指輪のサイズを直接聞くと、相手にサプライズがばれてしまう可能性もあります。
とはいえ、何も聞かずに指輪のサイズを把握するのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのがダイヤモンドです。
ダイヤモンドだけなら、相手の指輪のサイズがわからなくても渡せます。
特にサプライズでのプロポーズを考えているなら、ダイヤモンドがおすすめです。

箱パカの演出ができる

多くのダイヤモンド取扱店では、指輪と同様に箱に入った状態でダイヤモンドを購入できます。
そのため、女性にとって憧れの箱パカの演出も可能です。

プロポーズの演出として、王道のロマンティックな雰囲気を出したいと考えているなら、チャペルやホテル、レストランなどで、跪いて箱パカをする演出がぴったり。
ロマンティックなの演出のお供にダイヤモンドを検討してみてはいかがでしょうか。

相手の希望通りのジュエリーが作れる

ダイヤモンドをプロポーズで渡した後は、相手と一緒にダイヤモンドの加工を決めます。
ダイヤモンドは、指輪にもネックレスにも加工できるため、相手の希望通りのジュエリーが作れます。
ふたりが気に入るデザインのジュエリーなら、長く身に着けてもらいやすいでしょう。

アクセサリーにこだわりがある方や職業柄アクセサリーを日常的に着けづらい方には、相手がジュエリーを選べるように、ダイヤモンドを贈ることをおすすめします。

ダイヤモンドの相場はどのくらい?

とはいえダイヤモンドは、贈るのにどれくらいの金額がかかるのでしょうか。
ここでは、ダイヤモンドの相場をご紹介します。

相場は20~30万円

ダイヤモンドの相場は、0.2~0.3カラットでおよそ20~30万円ほどです。
0.2~0.3カラットのダイヤモンドは、婚約指輪でもよく選ばれる大きさなので、20~30万円が相場と考えてよいでしょう。

しかし、輝きや透明度などで決まる4Cと呼ばれるランクを落とすことで、相場よりも安価に手に入れることもできます。

最初から指輪を買う場合と比較すると……

では、最初から指輪を買うのと、先にダイヤを買い、後から指輪にするのとでは、どれくらいの金額差があるのでしょうか。

実は、これらの金額はだいたい同じです。
そのため、指輪を渡すことに少しでも迷いがあるなら、ダイヤモンドを渡してから一緒にジュエリーにしに行くのもよいでしょう。

ダイヤモンドの選び方は?

ダイヤモンドを渡すときに注意したいのが、ダイヤモンドの選び方です。
ここでは、世界的にダイヤモンド評価の基準とされている4Cをご紹介します。

4Cに注目する

4Cとは、Carat(カラット:重さ)、Cut(カット:輝き)、Color(カラー:色)、Clarity(クラリティー:透明度)の頭文字を取った、ダイヤモンドの品質を評価するポイントのことを指します。
それぞれの品質がよければよいほど、よいダイヤモンドだと評価され、価格も異なります。
婚約指輪のように長く身に着けるものは、4Cに注目して、質のよいものを選ぶとよいでしょう。
なかでも注目すべき2つの指標を下記でご紹介します。

Carat

注目すべき指標のひとつは、先にも触れた「Carat」です。
ダイヤモンドは大きいものほど希少とされ、価格も主にCaratに準じて異なります。

通常は0.2~0.3カラットが選ばれることが多いですが、記念として、0.4カラット(およそ40万円)以上のものを選ぶのもよいでしょう。
1カラットで0.2g程度の重さとなり、1カラットサイズのダイヤモンドが付いた指輪は、その大きさも際立ちます。

Color

次に注目したいのが、「Color」です。
ダイヤモンドは無色になればなるほど品質がよいとされています。
逆に品質が落ちると、黄味は茶色味を帯びたダイヤモンドとなります。

ダイヤモンドの色味は、D~Zでグレード分けされており、DからFまでは無色、その後、G、H、I……とアルファベット順に進むにつれて、黄色や茶色っぽい色が付いたダイヤモンドだと評価されます。
どの程度まで許せるのか、一度実際に見てから決めることをおすすめします。

ダイヤモンドを渡すおすすめのプロポーズプラン

 

最後に、ダイヤモンドを渡す際のおすすめプロポーズプランをご紹介します。
プロポーズのシチュエーションにお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

王道ホテルでのプロポーズ

ダイヤモンドを渡すなら、普段はあまり泊まることのない高級ホテルのスイートルームを予約し、リッチな雰囲気でのプロポーズを計画してみてはいかがでしょうか。

ホテルにあるレストランでプロポーズをするのもよし、レストランから帰ってきた後に、ホテルの部屋でプロポーズをするのもよし。
レストランやホテルのスタッフと事前に打ち合わせをしておくことで、持ってきてほしいタイミングに合わせてプレゼントを運んでもらうこともできるでしょう。

ダイヤモンドを見せながら、「結婚してください」とストレートな言葉で伝えることで、相手に真剣なプロポーズであることが伝わるはずです。

付き合い始めた場所でのプロポーズ

付き合い始めた思い出の場所でプロポーズをするのも、女性に喜ばれる演出のひとつ。
いつもより少しオシャレな格好でデートに誘い、思い出の場所に彼女を案内します。
プロポーズの言葉がきちんと聞こえるように、人通りが多すぎない場所でダイヤモンドを渡しながらプロポーズの言葉を伝えましょう。
なぜプレゼントにダイヤモンドを選んだのか、なぜこの場所でプロポーズをしようと思ったのかも交えながら、プロポーズの言葉を考えてみてください。

あえて付き合い始めた場所を選んでくれたこと、ダイヤモンドという素敵なプレゼントを用意しておいてくれたことに、相手はきっと喜んでくれるはずです。

 

まとめ

相手を喜ばせるプロポーズには、プレゼントが欠かせません。
プレゼント選びで迷ったら、相手と一緒にどんなジュエリーにするか選べる、ダイヤモンドを検討してみてはいかがでしょうか。
ダイヤモンドなら、相手の指輪のサイズや好みのデザインがわからなくても、プレゼントすることができます。

また、プロポーズの演出自体にお困りなら、プロポーズの計画や演出をサポートするHow toプロポーズまで、ぜひご相談ください。
プロのコンシェルジュがご希望やご状況に合わせた最適なプロポーズプランを提案、サポートいたします。