プロポーズ

プロポーズ 準備の基礎知識

プロポーズ準備の基礎知識を知って彼女が喜ぶ思い出に残るプロポーズを

「プロポーズっていつから準備したらいいんだろう?」
「いつ、どんな場所でプロポーズしたら喜んでもらえるかな・・・」
プロポーズをしたいけれど、準備の段階でお困りの方も多いと思います。
プロポーズの成功には、念密な計画と下準備がとっても大切!基礎知識を学んでまずは計画してみましょう!
プロポーズ本番まで、約1カ月~2カ月前からの準備がおすすめです。
もし、一人で計画するのが難航しそうなら、当社プロポーズコンシェルジュに相談しましょう!
応援者がいると、プロポーズがより思い出深いものになります。

 

STEP.1 プロポーズのタイミングを考える

これまでの思い出とプロポーズの思い出が重なる王道の「記念日プロポーズ」は人気です
ポイント①「記念日」にプロポーズ

彼女のお誕生日や付き合って何年目の記念日、クリスマスなど、2人の記念日にさらに思い出をプラスできる記念日プロポーズ。
「記念日にプロポーズした」と回答した人が半数の50%という調査結果も。
特別な思い出のある記念日にプロポーズしてもらえると、きっと彼女も喜びます!

SNSで話題の一粒万倍日や吉日のプロポーズは縁起が良くて◎記念日を忘れないようにしましょう。

 

ポイント②「覚えやすい日」や「縁起のいい日」にプロポーズ

プロポーズした日を記念日に。人生に記念日が多いと素敵ですね。
7月7日や11月22日の「いい夫婦の日」などの覚えやすい数字や、縁起のいい語呂合わせの日のプロポーズも人気です。
また、有名人カップルの結婚報告が相次ぎ話題になった「一粒万倍日」などの吉日も、プロポーズにぴったりな日です。

 

STEP.2 プロポーズの計画を練る

人前でのプロポーズやフラッシュモブのような周りを巻き込む大掛かりなプロポーズは、喜ぶ人もいれば、ひいてしまう人もいるので注意が必要です。

ポイント① シンプル or 感動的サプライズ?

日常の中でさり気なく言葉を伝えるシンプルなプロポーズor
感動的なシチュエーションで思い出に残るサプライズプロポーズ。
彼女の性格や好きなものを思い浮かべて、どちらが喜んでもらえるか考えてみましょう。

プロポーズの準備にイメージトレーニングは必須。時系列で具体的にイメージするのがポイント

ポイント② プロポーズ当日の流れを考える

当日スムーズにプロポーズするためには、イメージトレーニングが大切です。
いつ、どんな場所で、どんなシチュエーションでプロポーズをするか、実際のプロポーズを思い浮かべて紙に時系列に書き出してイメージトレーニングしてみましょう。
当日、必要なもの(プレゼントや指輪も用意するか?)も合わせて具体的に決めて準備していきましょう。

STEP.3 ロケーション選び

 

ポイント① ”思い出の場所”でプロポーズ

”初めてデートした場所”や”思い出の場所”を選ぶと、初心に戻れるいい機会になります。
周りに人がいると緊張してしまうという方は、お互いの家や車の中での二人だけのプロポーズだと、思い出にリンクした素敵なプロポーズになります。
家や車でのプロポーズが味気ないと感じる場合は、部屋やトランクの中をバルーンなどで装飾するのがおすすめ。
いつもと違うロマンティックな雰囲気でのプロポーズが叶います。

 

ポイント② ”彼女が行ってみたい場所”や”興味を持っている場所”を事前にリサーチ

「○○の桜がきれいなんだって~」とか、「○○でイベントやってるらしいよ~」とか、彼女が興味を持っている場所を事前にリサーチしてデートに誘いましょう。
もちろん、”プロポーズされたい場所”を事前にヒアリングできたら最高ですね!
夢をかなえてあげることができれば、100%喜んでくれるはず。
景色がいい場所や夜景がきれいな人気スポットなど、いくつか候補をあげておきましょう。

プロポーズをサポートしてくれるホテルやレストランを事前にリサーチ

ポイント③ プロポーズをサポートしてくれるホテルやレストランを事前にリサーチ

協力的なホテルやレストランは、プロポーズプランを提案しています。
各分野のプロフェッショナルがあなたを応援してくれるので、安心してプロポーズができること間違いなし!
非日常の素敵な空間でのプロポーズは、いい思い出になることでしょう。

 

STEP.4 プロポーズアイテム・プレゼント・リングを選ぶ

エンゲージリングを箱パカするプロポーズは素敵ですが、プロポーズにエンゲージリングはマストとは限りません。事前に指輪を準備するか検討を。

 

ポイント① プロポーズの時に婚約指輪を用意するか検討

1.プロポーズ時に用意する場合
婚約指輪購入時は、いろいろと相談できるスタッフさんがいるお店を選びましょう。
押し売りせず、あなたの希望を第一に聞いてくれるお店なら、安心して彼女に似合う指輪を選べます。

 

2.プロポーズ後に彼女と一緒に婚約指輪を選ぶ

日頃身に着ける指輪のデザインは、やっぱり自分で選びたいという女性の割合は大半をしめます。
彼女の好みや指輪サイズがわからない場合は、後日一緒に買いに行くパターンがおすすめ。
プロポーズ時に婚約指輪を用意しない場合は、手ぶらでプロポーズするのを心もとないと感じる方も。
そんな時は、スマートに花束やフラワーギフトを準備するのがおすすめです!
心のこもったプレゼントを用意し、プロポーズの言葉の後に「婚約指輪は一緒に買いに行こう。」と伝えましょう。

 

プロポーズのプレゼントならパティスリーフラワーのフラワーギフトがおすすめ

 

ポイント② プロポーズに必要なアイテムをリストアップ

プロポーズ時にお部屋装飾を検討しているようなら、バルーンなどのアイテムの手配や、お食事のプラン等、予約して手元に届くまで時間がかかるものもあるので、余裕をもって1カ月前くらいから準備をはじめましょう。

 

 

STEP.5 プロポーズの言葉やメッセージを考える

プロポーズの場所や演出よりもプロポーズの言葉が大事!まっすぐに思いが伝わる言葉を選んで

 

ポイント① 気持ちが伝わるプロポーズの言葉を考える

シンプルに「結婚してください。」その気持ちが伝わるよう、何度か口に出して練習を!
その言葉とともに、どうして結婚したいか、いつからそう思ったかなど、理由もしっかり伝えられると、より説得力のある感動的なプロポーズになることでしょう。

 

SNSではプロポーズの失敗談も見られます。失敗談を参考にしてプロポーズを成功させましょう。

 

ポイント② 先輩たちの失敗談も事前に知っておく

酔った勢いであいまいになってしまったり、自信がなくて小さな声で言ってしまったために彼女がプロポーズされたと気づかなかったりと、失敗談もあるようです。
不器用な人ほど、失敗した先輩の二の舞にならないよう、勉強しておきましょう!
照れくさくて、プロポーズの言葉を伝えにくいと感じる方は、バラの花びらにプロポーズの言葉を印字して花を通じてプロポーズするのもロマンティックでおすすめです。

ここまで準備ができたらいざ本番!
Lets’ Proposal!

プロポーズの場所やシチュエーションにプレゼントなど、準備を進めているうちに、本当に彼女に喜んでもらえるか、不安になることもありますよね。
How to プロポーズでは、専属のプロポーズコンシェルジュが、これまでにサポートした6万件のプロポーズのノウハウをもとに、女性が本当に喜ぶプロポーズの場所やシチュエーション、演出、プレゼントなど、多岐にわたってあなたのプロポーズをサポートいたします。
ご自身だけでは難しいプロポーズの段取りのアドバイスから、レストランやホテル等の予約などもトータルでサポート!
些細な不安や疑問もご相談いただけます。
ぜひお気軽にお問合せください。