プロポーズ

映画『ラブ・アクチュアリー』に見るプロポーズアイデアのヒント

ラブ・アクチュアリーのあらすじ

クリスマスを控えたロンドンを舞台に、小学生から首相まで、友人、恋人、夫婦、家族などそれぞれの愛の形をオムニバス形式で描いた映画。
ラテン系とは異なり心の内を素直に表現しないという英国男性たち。
日本人とも共通するこの性格をはじめ、親近感が湧くエピソードが詰まっています。
さまざまなクリスマスの過ごし方や、気持ちの揺れ動きの描写の中でも、オープニングの伝統的かつモダンなロンドンっ子の結婚式や、エンディングの英国紳士による言葉の壁を超えたプロポーズが印象的。
それぞれの物語に登場する本物の愛は、見た人の心の奥底をじんわり温めてくれるような、ほっこりとした気持ちにさせてくれます。

ラブ・アクチュアリーのプロポーズシーン

失恋のため傷心中だった作家ジェイミーは、執筆に専念するため別荘に滞在していたところ、ポルトガル出身のお手伝いさん、オーレリアに引かれていきます。
彼女も彼の思いに気付きつつ、言葉の壁により進展もなく離れ離れになってしまう2人。
しかし、彼女を忘れることができないジェイミーはポルトガル語を猛勉強し、プロポーズのため彼女の元へ。
「君をよく知りもせずに狂気の沙汰だと思うが…」と、覚えたての言葉で懸命に愛を伝える彼に、彼女は『YES』と英語で応じました。
彼女も彼を思い、英語を勉強していたのです!
言葉の壁を越えた感動的なエンディングでした。

映画のようにドラマチックに障害を乗り越えることや、イチかバチか直球で愛を伝えることは、なかなか難しいもの。
そんなときは、美しい生花が持つ花言葉の助けを借りるのもおすすめ。
例えば、愛・情熱・美の花言葉を持つバラ。
12本、99本、108本…と、その本数にも素敵な意味があることはご存知でしょうか?
大切な日には、彼女への誠実な気持ちに、それぞれ意味を持った本数のバラの花束を添えて、より深く思いを伝えてみませんか?

バラの花束や本数についての詳細は、こちらからご覧いただけます。

プロポーズで花束を贈るときの選び方は?種類や本数、保存方法を徹底解説

『ラブ・アクチュアリー』
・発売日:発売中
・発売元・販売元:株式会社KADOKAWA
・価格:1,500円+税
(C) 2003 WT Venture LLC. All Rights Reserved.
======================
監督・脚本:リチャード・カーティス
出演:ヒュー・グラント
リーアム・ニーソン
エマ・トンプソン
アラン・リックマン
コリン・ファース 他

プロポーズの場所選びや演出でお困りの方は、プロポーズ全体のサポートを行っている、How toプロポーズをご活用ください。
How toプロポーズでは、これまで6万件ものプロポーズをサポートしたノウハウをもとに、プロポーズコンシェルジュによるプロポーズのトータルサポートを行っています。
プロポーズに関するご相談は、ぜひお気軽にお問い合わせください。