プロポーズの言葉

【女性目線で徹底解明】プロポーズを台無しにする6つの”NGワード”~千年の恋も冷める瞬間~

 

どんなに仲のいいおふたりでも、プロポーズの言葉一つで残念な結果になってしまうことがあります。
お相手様を不快にさせてしまう「NGワード」を避けて、素敵なプロポーズを!

 

ケース1.何様なの?上から目線ワード

 

「結婚してあげる。」
「養ってあげる。」
「一生ついてこい。」など。

頼りがいのある自分をアピールされても、ときめくどころか冷めてしまうという人も。
 

プロポーズされた方の感想:
「上から目線で不快だった。」
「結婚はふたりで決めるものなのに(呆れ顔)」など。

ケース2.配慮に欠ける無神経ワード

 

「いっぱい食べるところがかわいくて大好き。」
「君のダメなところも、全部愛してる!」など。

愛情をもって伝えているつもりでも、ネガティブに受け取られてしまうことも。
 

プロポーズされた方の感想:
「プロポーズなのにディスられたようで、嬉しさよりも悲しい気持ちが勝った。」
「そんな風に思われていたなんてショックだった。」など。

ケース3.結婚する気ある?なげやり無責任ワード

 

「そろそろ結婚しようか。」
「親がうるさいから結婚しよう。」
「子供ができたなら結婚するしかないね。」など。

お相手様だからこそ結婚したいという意志も誠実さも伝わってきません。
酔った勢いや冗談交じりのプロポーズももちろん、言語道断です。
 

プロポーズされた方の感想:
「結婚したくなさそうな気持が伝わってきて不快だった。」
「覚悟が足りない人なんだなと思った。」
「しょうがなく結婚されても困る。」など。

ケース4.恐怖の理想押し付けワード

 

「子供は○人ほしいな」
「○○な家で・・・」
「君は仕事を・・・」など。

結婚後の理想を語り合うことはとても楽しいことですが、高すぎる理想はお相手様のプレッシャーになりかねません。
将来の理想よりも、お相手様だからこそ結婚したいという気持ちを伝えましょう。
 

プロポーズされた方の感想:
「理想を押し付けられていると感じた。」
「モラハラ気質なの?と不安になった。」
「価値観が合わないことに気付いた。」など。

ケース5.回りくどい「察してくれ」ワード

 

「そろそろ・・・ね。」
「毎日ご飯を作ってね。」
「一緒に暮らそう。」など。

プロポーズだと伝わるような決定的な言葉がないと、お相手様がプロポーズだと気づかないことも。
明確な言葉で、結婚したい気持ちを伝えることが大切です。
 

プロポーズされた方の感想:
「普通の会話だと思って適当にスルーしてしまった。」
「(驚きを込めて)プロポーズとは思わなかった。」
「優柔不断な態度だったので、結婚するのが不安だなと感じた。」など。

ケース6.ロマンティック風の激重ワード

 

「君しかいないんだ。」
「君を幸せにできるのは自分だけだ。」など。

お相手様への気持ちが空回って、押しつけがましく聞こえてしまうかもしれません。
わかりづらいロマンティックな言葉よりも、ストレートな愛の言葉の方が、心に届きやすいものです。
 

プロポーズされた方の感想:
「ナルシストっぽくて嫌だった。」
「ちょっと重いと感じた。」
「このテンションについていけないと思った。」など。

 

まとめ

プロポーズに特に大切なことは、「思いやり」と「誠実さ」です。
一生一緒に歩んでいこうという「覚悟」を言葉にして伝えることで、お相手様も安心してプロポーズを受けることができます。
人生で最も緊張する瞬間と称されるプロポーズ。
当日は間違いなく緊張しますので、事前に伝えたい言葉を考えておきましょう。
素敵な言葉選びで、お相手様に笑顔でプロポーズを受け入れてもらえますように。

プロポーズのことで悩んでいたり、特別な演出をしたい方は、これまで6万件以上のプロポーズをサポートしてきた、「How to プロポーズ」へぜひご相談ください。
プロポーズコンシェルジュが、理想のプロポーズをトータルサポートいたします。

●併せて読みたい注目コラム●

【女性目線で徹底解明】言われたいプロポーズの決め台詞3ポイント~笑顔で「Yes!」はあなたの言葉次第~