エンゲージフォト

エンゲージメントフォトとは?前撮りとの違いや魅力を紹介

沖縄の海をバックにエンゲージメントフォト撮影

結婚にあたり、相手と一緒に写真を撮って思い出に残したいと考えている方も多いでしょう。
そこでおすすめなのが、最近人気のあるエンゲージメントフォトです。
本記事では、エンゲージメントフォトの概要や、前撮りとの違い、エンゲージメントフォトに関するQ&Aを解説します。

 

今注目のエンゲージメントフォトとは?

話題のエンゲージメントフォトとは?前撮りやウェディングフォトと何が違うの?

結婚に際して撮影する写真にはさまざまなものがありますが、中でも最近注目されているのが、エンゲージメントフォトです。
エンゲージメントフォトとは、婚約期間中に撮る写真のことで、私服などラフな格好でふたりの思い出を写真に収めるのが特徴です。

プロポーズ成功後、結婚までの間には両家への挨拶や式場の確保などさまざまな準備が必要です。こうした期間の間に、結婚前のふたりの日常を残しておけるとして、エンゲージメントフォトは最近人気を博しています。

ウェディングフォトや前撮りとの違い

エンゲージメントフォトと前撮り、ウェディングフォトの違い

では、よく聞くウェディングフォトや前撮りとエンゲージメントフォトにはどのような違いがあるのでしょうか。
ここでは、両者とエンゲージメントフォトとの違いを解説します。

ウェディングフォトとは

ウェディングフォトとは、結婚にまつわる写真全般のことをいいます。
結婚式会場などにおいて、実際にウェディングドレスやタキシードを着て撮影をするのが特徴です。
結婚式当日だけでは残し切れない、ふたりの正装の写真を撮影します。

一方で、エンゲージメントフォトは結婚式よりも前に、私服で、かつ日常的によく行く場所などで撮影をします。
ウェディングフォトに比べ、リラックスしたふたりの写真を残せるという違いがあります。

前撮りとは

前撮りとは、結婚式に先立ち、記念撮影することをいいます。
服装はウェディングドレスとタキシード、もしくは着物で撮ることが多く、あえて結婚式当日とは異なる服装で前撮りを行う場合もあります。

ウェディングフォトと同じく、服装や場所がエンゲージメントフォトとは異なります。
逆に、ウェディングフォトと前撮りはほぼ似たようなものだと考えてもよいでしょう。

エンゲージメントフォトの魅力とは?

晴れた日の沖縄の海をバックにエンゲージメントフォト撮影

ウェディングフォトや前撮りと違い、服装や場所、演出など、すべてふたりで自由に決められるのが、エンゲージメントフォトの特徴です。
そのためエンゲージメントフォトには、ふたりの結婚までの思い出をより自然な状態で残しておくことができるというメリットがあります。

ふたりがこれまでどのような雰囲気で付き合ってきて、どう結婚に至ったかを写真に残しておけば、結婚後も思い出を振り返られます。

エンゲージメントフォトQ&A

デート風手つなぎショット

自由に決められるとはいえ、どのような服装でどこで写真を撮るのか、どれくらい費用がかかるのかなど、エンゲージメントフォトについて疑問をお持ちの方も多いことでしょう。
そこでここでは、エンゲージメントフォトに関するQ&Aをご紹介します。

Q1.エンゲージメントフォトはどこで撮る?

A1.エンゲージメントフォトは、自宅やふたりが出会った場所、公園など、日常的な場所で撮影することが多いです。
そのほかにも、景色がきれいな場所を選んで撮影したり、旅行先で撮影したりするケースもあります。

よく行くデートの場所や、海が好きなら海をバックにするなど、ふたりの思い出や好みで場所を選んでOK。
あまり緊張せず、リラックスできて、いつものふたりの雰囲気が出る場所がよいでしょう。

Q2.エンゲージメントフォトの服装は?

A2.エンゲージメントフォトを撮るときは、わざわざ写真用に服を購入したりレンタルしたりしなくても大丈夫。
いつも通りの私服で撮影する方が、普段のふたりを写真に収めることができます。
ふたりの関係をより仲良く見せるには、シミラールックがおすすめ。
同じブランドの服を着たり、色や素材を揃えたりと、服装からの仲のよさをアピールしましょう。

写真の映りをよくしたいなら、白基調の服装やシンプルなTシャツとデニムなどの服装がおすすめ。
背景にあまり影響されることなく、顔色も明るく見せてくれます。

また、初デートのときの服装やプロポーズの服装など、ふたりの大切な思い出のシーンを再現して、エンゲージメントフォトとして残しておくのも素敵です。

Q3.エンゲージメントフォトの相場は?

A3.エンゲージメントフォトの撮影にかかる費用は、およそ4〜7万円といわれています。
撮影にかかる時間によって料金が変動します。
内訳としては下記の通りです。

・プロカメラマン 撮影依頼料(1時間~2時間)
・出張料
・納品データ代

このほかに、衣装やロケーション、ヘアメイクなどに必要なお金がかかります。
エンゲージメントフォトを撮影してくれるフォトグラファーを集めたサイトが複数あり、そこで手配するのが一般的な流れです。

Q4.エンゲージメントフォトでのポーズは?

A4.エンゲージメントフォトでは、ポーズも自分たちで決められるのが嬉しいポイント。
正面を向いてかしこまった雰囲気で撮るというよりは、喋り合い、笑い合っているところを撮るなど自然なポーズがおすすめです。

ほかには、ジャンプをした瞬間に撮るなど、元気さを伝える写真を撮るのも◎
もし決めきれない場合は、カメラマンにおすすめの構図を聞いてみるのもよいでしょう。

エンゲージメントフォトアイデア3選

エンゲージメントフォトアイデア

ここでは、エンゲージメントフォトをよりおしゃれなものにするために、おすすめの構図アイデアをご紹介します。

1.婚姻届の記入中に

婚姻届けはふたりが夫婦になるために大切なもの。
そんな婚姻届けを記入しているシーンを写真に残しておくのはいかがでしょうか。
結婚式と同じくらい大切な婚姻届けの提出シーンを写真に残しておけば、実際にふたりが夫婦になった過程やその瞬間をいつでも思い出せます。

2.ペットと一緒に

今一緒に飼っているペットがいるなら、ペットとともに撮影してみてはいかがでしょうか。
ペットも一緒に映ることで、より自然体なふたりの雰囲気を写真に収めることができるはずです。
ペットと一緒のエンゲージメントフォトはよくある構図のひとつなので、ぜひ試してみてください。

3.シルエットで

写真撮影が苦手というカップルにおすすめしたいのが、シルエットでの撮影。
逆光を利用して撮影するシルエット写真は、顔がハッキリ出ない分、恥ずかしがらずに撮影できるはずです。
また、シルエット写真はおしゃれさも演出できるのが嬉しいポイント。
結婚後に家に飾ったりするのもおすすめです。

エンゲージメントフォトは結婚式にも活かせる

結婚式準備にも役立つエンゲージメントフォト

「エンゲージメントフォトを撮影しても、家に飾るだけじゃもったいない…」と思っているなら、結婚式での演出に活かしてみてはいかがでしょうか。
ウェルカムボードや披露宴中に流すムービーなど、ほかにはないふたりだけの結婚式を作るのに、エンゲージメントフォトが役立つはずです。

また、招待状やゲストブックにエンゲージメントフォトを使うのもよいでしょう。
差がつく演出で、結婚式がより特別なものになるはずです。

まとめ

エンゲージメントフォトは、プロポーズに成功した後の婚約期間中に撮影する写真のことです。
ふたりの日常的な場面を写真に収め、結婚するまでの過程を思い出に残せます。結婚式にも活かせるので、ぜひ撮影してみてはいかがでしょうか。

エンゲージメントフォトの前に、まずはプロポーズを成功させたいという方は、ぜひこれまで数多くのプロポーズを成功に導いてきた、How to プロポーズへご相談ください。
プロポーズのプロが、最適なプロポーズの提案やサポートをいたします。